著作権法における創作性

 

インターネット記事を記載するときなど、他人の書いたものを参考にすることがありますが、このようなとき、著作権には常に配慮しておかなければなりません。

著作権は、どのような表現に認められるのか、その判断基準はどうなっているのでしょうか。

今回は、他人の記載した裁判傍聴記を自己のブログに掲載したことが著作権法違反にならなかったという事案を例に、創作性の判断基準について解説します。

 

1. 事案の概要~ライブドア裁判傍聴記事件(知財高裁平成20年7月17日判決)
まず、著作権違反が問題となった事件の概要を見てみましょう。

この事件では、ライブドアの裁判における証人尋問を傍聴してメモをとったA氏が、その傍聴記をインターネット上に記事として載せていました。すると、その傍聴記をほぼ引き写した形で、B氏が自分のブログ記事に掲載したのです。
このことを著作権法違反として、A氏がB氏を訴えたというのが、事件の概要です。

 

2. 判断~著作権法違反にならない~
この裁判において、結論から言うと、B氏は著作権法違反に問われませんでした。
その理由は、著作権法違反が成立する要件が足りなかったからです。

 

著作物として保護されるためには、①表現に創作性があり、かつ②思想または感情の表現であることが必要ですが、裁判傍聴記は、①の創作性の要件が欠けているため、②の思想または感情の表現については判断されることもなく棄却されています。

 

3. 創作性の判断基準
では、具体的に創作性の要件はどのように判断されるのでしょうか。
創作性は、客観的な優劣や芸術性のレベルなどとは無関係です。

 

創作性に関しては、
①創作者の「個性が表現」されていなければならないという、個性を重視する考え方と、
②その表現に「表現の選択の幅」がなければならないという、表現の選択の幅を重視する考え方

とがあります。
①と②は対立する考え方のようですが、そうではありません。

そもそも、数ある表現の中からその表現を選択したこと自体個性が表れていますから、個性の表現であることと、その表現に選択の幅があるかどうかとは、相反するものではありません。

 

裁判傍聴記の判例も、一般論として個性の表現が必要と示しつつ、傍聴記において実際の証言の順序を入れ替えたことは個性の発揮と言えるほどの選択又は配列上の工夫とはいえないと判断しており、「個性」の考え方も「選択」の考え方も採用しています。

 

4. 報道記事の見出し、あいさつ文などには創作性が認められにくい
ではどのような表現に創作性が認められるのかを見てみましょう。

たとえば、小説や絵画などの芸術作品は、表現の選択肢がほぼ無限にありますので、表現の選択肢は非常に広く創作性が認められます。

これに対して、地図や報道記事の見出し、データベースや学問上の定義、定型的なあいさつ文などについては、表現の選択肢が限られてきますので、創作性は否定されやすくなります。
雑誌の休廃刊のあいさつ文について、創作性が否定された判例もあります。

 

 

以上のとおり、著作物として保護されるためには、選択の幅がある表現がなされていることが必要です。客観的な情報に近づくほど、著作権法による保護は認められにくくなります。
参考にしてみてください。