中小企業様のトラブルをスポット対応で解決いたします。

いつ起こるかもしれないトラブルに備えて毎月一定の顧問料を支払うということは、経営者の方にとって費用対効果が見えないと思います。また、いきなり顧問弁護士を探すといっても、弁護士がどういう人物なのか、どういう仕事をするのかを見ないままいきなり顧問弁護士として迎えるというのは抵抗があるのは当然だと思います。

そこで、何かトラブルが起こってしまったときにスポット的に対応する法的サービスを提供しようと考えました。 また、費用を明確化し、利用しやすいサービス内容としております。

中小企業のための法務アドバイザー3つの特徴

お客様のトラブルにスポットで対応

ご依頼者様のニーズに応じて、知的財産権保護、労働紛争、不動産トラブルに強い弁護士をその都度、利用したい方のためにトラブル事にスポットでのご対応をさせていただいております。また、当サービスをご利用し継続的にご利用いただける方には、顧問契約プランもございますので検討をしていただければと思います。

分かりやすい料金設定

弁護士費用が分からず不安にならないよう、当事務所では手続きに応じて、着手金と報酬金を一定の金額に設定し、お客様にとって明確で明瞭な分かりやすい料金体系を用いております。また、必ず見積書を発行するようにしています。少しでもご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお尋ねください。

各トラブルに強い経験豊富な弁護士が対応

知的財産権保護、労働紛争、不動産トラブルに強い弁護士が、、知識と経験を駆使し最善の初期対応から裁判の対応まで、あなたの会社の強い味方になります。

弁護士紹介

弁護士黒井 新

経歴等
  • 1972年9月埼玉県生まれ
  • 1991年3月埼玉県立川越高等学校卒業
  • 1996年3月立教大学法学部法学科卒業
  • 2001年4月司法研修所入所(第55期)
  • 2002年10月弁護士登録(第二東京弁護士会)
  • 2010年3月黒井新法律事務所開業
  • 2016年4月諏訪坂法律事務所を共同で開設

私が弁護士として仕事をする上でモットーとしていることは、
①法律問題の解決は、常に依頼者本位でなされるべきであること
②類型化された解決方法にとらわれないこと
です。
それを実現するため、クライアントの話にじっくりと耳を傾け、共感することによって信頼関係を構築し、クライアントが真に望む解決方法を探っていきます。
また、クライアントの持っている問題を消極的に聞いて類型化された解決方法を提示するだけではなく、積極的に問題点を探り、クライアントをより深く知ることによって、最善の解決方法をデザインして提供していきます。
中小企業の皆様の、頼れるプロフェッショナルアドバイザーになれることを願っています。

弁護士活動等
  • 日本弁護士連合会犯罪被害者支援委員会 事務局次長
  • 第二東京弁護士会犯罪被害者支援委員会 委員長
  • 弁護士知財ネット会員
  • NPO法人遺言・相続リーガルネットワーク会員
講演・セミナー
  • 日本旅行医学会看護部会
    「添乗看護士に求められる安全配慮義務」
  • 「労務管理の基礎」
  • 「不動産賃貸の基礎」
著書
  • 「願いを想いをかたちにする 遺言の書き方・相続のしかた」
    (日本加除出版・共著)
  • 「遺言条項例278&ケース別文例集」(日本加除出版・共著)

弁護士村手 亜未子

経歴等
  • 兵庫県出身
  • 東京都立豊島高等学校卒業
  • 早稲田大学法学部卒業
  • 司法試験合格後、司法研修所入所(実務修習地 大阪)
  • 司法研修所卒業後弁護士登録
  • 会社勤務、法律事務所勤務を経て、2016年4月諏訪坂法律事務所を共同で開設し、現在に至る。

<業務の進め方>
1. 情報共有と全体像の把握
問題解決に向けた第一歩として、相談者との情報の共有は欠かせません。
まずは、紛争の概要をうかがって、問題の全体像を把握します。
また、事案の解決に必要な事情は、より詳しくご質問をさせていただき,資料なども確認しながら詳細な事実について正確に把握することに努めます。
この点については、時間を十分にお取りしますので、詳細をお話いただけます。
私どもでは、お忙しい企業経営者の方、ご担当者の方の為に出張サービスも行っておりますので,ぜひご利用ください。

2. 広い視点 適切な解決のためには、ご相談者の主張のほかにも、いろいろと検討すべきことがあります。
相手方の主張、類似判例、ガイドラインなど、広くさまざまな視点から分析して、検討をすすめます。

3. 時機に応じた的確なアドバイス
問題は状況に応じて変わることがあり,また解決にどのくらいの時間とコストをかけるべきかの判断によって適切な解決方法も変わってきます。これらの点を十分にご相談し,経験を踏まえてもっとも的確と考える方法をアドバイスさせていただきます。

私どもは皆様の信頼できるパートナーとなりうることをお約束します。

弁護士活動等
  • 東京弁護士会綱紀委員会委員
  • 弁護士知財ネット会員
  • 公益社団法人日本不動産学会会員
  • 日本司法支援センター
    東京地方事務所法律扶助審査委員
  • 高齢者法研究会会員
    (横浜国立大学 関芙佐子教授)
講演・セミナー
  • 「契約書のチェックポイントを教えます!」など
著書
  • 事例に学ぶ離婚事件入門
    (民事法研究会・共著)
  • 事例に学ぶ相続事件入門
    (民事法研究会・共著)
  • 事例に学ぶ債務整理事件入門
    (民事法研究会・共著)